プラセンタサプリを飲むと献血出来なくなるって本当?

結論からお話すると、プラセンタサプリを飲んでいても献血を制限される事は有りません。

 

では、なぜ「プラセンタ」と「献血」の記事を書くのかと言いますと、「ヒト由来のプラセンタ製剤」を「注射」によって摂取している場合は、献血が制限されるからです。

 

そのため、プラセンタサプリを飲んでいるから献血が出来なくなるという事は無いので、安心して利用して下さい。

 

献血が制限されているのはヒト由来のプラセンタ製剤を注射した場合だけ

厚生労働省の指示により、平成18年から「ヒト由来のプラセンタを注射した人」は、その後献血が出来なくなりました。

因みに、臓器移植も出来ません。

 

つまり、献血が禁止されているのは「ヒト由来のプラセンタを注射した人」のみです。そのため、当サイトで紹介しているような馬プラセンタサプリや化粧品などを利用しても、献血を制限される事は有りません。

 

なぜ献血出来なくなるのか?

厚生労働省によると、ヒト由来のプラセンタ製剤を注射した人の血を輸血した際に「vCJD(変異型クロイツフェルト・ヤコブ病)」の感染リスクを完全に否定出来ないため、念の為の安全策として、献血を禁止したようです。

 

過去に注射をした人から「vCJD」の感染事例は報告されておらず、あくまで「念の為」の措置という事のようですね。将来的に安全が確保されれば、注射をした人でも献血が出来るようになると思います。

 

もし、ヒト由来のプラセンタを美容系のクリニックなどで注射する場合には、献血が出来なくなるリスクを承知の上で、施術を受けるようにして下さい(先生からも説明が有るはずです)。