便秘について簡単に。

お通じは、毎日有ったほうが無いよりも気分的にスッキリとします。逆に3〜5日にやっと一回お通じがある不安定な状態ですと、気分的には不快です。

 

健康面でもお通じは、毎日ある方が良いとされています。便を体から出すことは、体に有害な毒素や老廃物を排出する働きでもあります。便秘で腸内に便を何日も留めたままだと、体に悪いものを排出できないので健康には良くないのです。

 

便秘が慢性化することによって、人体に様々な影響がでる恐れがあります。

 

痔になる・腹痛を起こす・肌荒れが起こる・体臭がひどくなる・アレルギーが出るといった軽度のものから、重度のものになると動脈硬化・大腸がん・大腸ポリープに罹ってしまうようになります。便秘の状態が続くようであれば、早めに対策をすることが大切です。

 

便秘の解消法

便秘を解消する一般的な方法は、規則正しい生活を送り適度な運動をすることです。お通じを良くする食物繊維を取り入れたバランスの良い食事をとり、早寝早起きを心がけて毎日運動をする習慣をつける。これだけでもお通じの調子はかなり改善されます。

 

しかし、人によってはそれだけでは解消できない場合があります。生活習慣を正しくしても腸の調子が改善されないのであれば、プラセンタを使うことをおすすめします。

 

プラセンタは哺乳類の胎盤が原材料となっている成分なのですが、ひどい便秘を解消したい時にプラセンタは効果的です。プラセンタが便秘解消に役立つのにはは、プラセンタに含まれている栄養素が関係しています。

 

プラセンタの栄養素

プラセンタはアミノ酸・酵素・核酸・ビタミン・ミネラルを豊富に含んでいるのですが、これらの栄養素は腸の活性化に重要な働きをします。アミノ酸は腸内バランスを整える効果が高く、プラセンタのアミノ酸は人体への吸収率が他より良いので本調子でない腸でも充分に吸収できます。

 

酵素は消化や分解を助ける効果があり、核酸は腸粘膜を整える効果があるので働きが鈍くなった胃腸の働きのサポートをしてくれます。

 

ビタミンとミネラルは人体の新陳代謝と生理機能を高める効果があるので、これらの働きを促すことによって腸の健康も取り戻しやすくできます。プラセンタの成分で腸内バランスを整えられることにより、便秘も解消されるのです。

 

プラセンタをとることによる効果は、便秘の解消だけではなく美肌にもあります。プラセンタはアンチエイジングの働きがあり、毎日とることで肌にハリとツヤも出てくるようになります。健康な上にキレイになれる成分ですので、いかがでしょうか。

関連ページ

プラセンタと喘息治療
喘息って本当にしんどいです。うちの子供は幸い喘息の症状は患っていないのですが、周りの子供や私自身が子供の時に喘息を患っていた友達を見ると本当につらそうです。今回は喘息治療にもプラセンタ使われ始めているというお話です。
痛風とプラセンタ
男性に多い病気ですが、今回は「痛風」にスポットを当てて記事にしてみたいと思います。痛風は何が原因で発生するのか?どう対策すれば良いのか?プラセンタはどのように作用するのか?などをまとめてみました。