痛風とは

最近罹っている方が増えている病気に、痛風があります。痛風は体内に尿酸がたまることによって、それが結晶化してしまい強い痛みを伴う関節炎が起こります。初期の内に対策をしておけば痛みを抑えて通常の生活を送ることができますが、放置して悪化させてしまうと腎臓に影響が出る恐れがあります。足の親指の付け根部分が痛むようであれば、この病気に罹っている可能性が高いです。当てはまる症状があるのなら、すぐに医師に診断してもらうことをおすすめします。

 

痛風の原因

痛風は起こる原因は、プリン体の摂りすぎだと言われています。現代の日本人の食事は一昔前の日本人の食事よりも栄養が豊富であり、そのためにプリン体も必要以上に知らず摂ってしまっている傾向にあります。別名「贅沢病」とも呼ばれる病気です。痛風の対策をするには、症状が軽い程度の段階なら医師の薬に頼らなくても対応可能です。

 

軽い痛風にはプラセンタで対処できるかも

それには哺乳類動物の胎盤から採られているプラセンタという成分を使いましょう。プラセンタはアミノ酸・酵素・核酸・ビタミン・ミネラルなどの人体の健康維持に欠かせない栄養素を豊富に含んでいますが、このプラセンタを体内に取り入れることによって痛風の症状も収まります。

 

なぜプラセンタを取り入れることによって痛風を抑えることができるのかというと、先ほどにあげたアミノ酸・酵素・核酸・ビタミン・ミネラルの働きが関係しています。

 

アミノ酸には胃・腸壁の働きを活性化させる働きが、酵素には消化と分解の能力を高める働きが、核酸には組織細胞の回復を促す働きと腸粘膜を改善する働きが、ビタミンとミネラルには人体の新陳代謝と生理機能を高める働きがあります。
これらの成分によって胃腸・消化・分解・組織細胞・新陳代謝・生理機能の働きが活性化することによって、尿酸値を下げて痛風の症状である関節炎が起こらないように予防することができます。

 

正しい食生活も当然大事

胎児を育成する働きをする胎盤が原材料のプラセンタは、人間の体全体の機能を高める効果があるので尿酸値も下がりやすくなります。尿酸値が上がることによって、痛風の症状は起こるので結果的に対策にもなるのです。ですが、プラセンタに頼ってばかりでは、根本的な治療対策にはなりません。プリン体を摂りすぎないように、自分の毎日の食事内容も見直すようにしましょう。プラセンタを摂るとともに、バランスの良い食事を心がけて規則正しい生活を送るようにし、きちんと対策をしていくことが一番です。

関連ページ

プラセンタと喘息治療
喘息って本当にしんどいです。うちの子供は幸い喘息の症状は患っていないのですが、周りの子供や私自身が子供の時に喘息を患っていた友達を見ると本当につらそうです。今回は喘息治療にもプラセンタ使われ始めているというお話です。
プラセンタと便秘
便秘に悩んでいる人!試しにプラセンタを飲んでみませんか?プラセンタの作用によって便秘まで改善されるかもしれませんよ!その上お肌の調子も良くなりますし一石二鳥ならぬ一石三鳥です!