代表的な疲労回復方法

プラセンタの疲労回復効果について説明する前に、まずは自分で手軽に出来る「疲労回復方法」について紹介していきます。当たり前の事しか書いていないですけど(*_*)

 

具体的な疲れ対策としては、@適度に運動することAバランスの取れた食事B十分な休息の3つが挙げられます。

 

適度に運動

運動不足は、体の働きを鈍らせるだけではなく、神経系統や血管の機能も低下させてしまいます。そうなると、疲れが抜け難くなる事は当然ですし、やる気や積極的な気持ちといった内面の働きも衰えます。

 

また、体を動かして老廃物を排除出来れば、血流を妨げる物がなくなるので、十分に栄養を体中に届ける事が出来ます。回復としての対策だけではなく、疲れを予防する効果にも繋がるので、体を動かし鍛える事が健康の秘訣といえます。

 

とは言え、学生時代の部活のようにハードな運動をする必要は有りません。自分の現在の健康状況に合わせて出来ることから始めればOKです。

 

全く今まで運動していなかった人であれば、ウォーキングでも運動になりますし、それに慣れれば軽いジョギングを始めてみる、など徐々にステップUPしていけばOKですよ。

 

運動の後はストレッチをして筋肉をほぐすことも忘れないで下さいね。

 

バランスの取れた食事

肉や魚、野菜のバランスが取れた食事は、適量を摂取する事が翌日の体、そして活力の源に変わります。昔から良く言われている事ですが、厚労省が推奨する1日の摂取品目数は30品目です。

 

やはり多くの種類の食材を口に入れる事で、健康的な体が作られるという事ですね。偏食などはせず、バランスよく食事を取りましょう。

 

十分な休息

そして、最後に充分な休息。一番はやはり睡眠です。人間の体は睡眠時に疲れが取れるように出来ていますから、睡眠時間が短かったり生活習慣が極端に乱れたりしていると、疲れは中々取れません。

 

人によってもベストな睡眠時間は変わってくるとは思いますが、最低7時間以上の睡眠は取るようにしましょう。また、夜更かしも禁物です。

 

あとは、一日の疲れを取るためにお風呂もゆっくりと入りたいですね。お風呂はやはりリラックス効果が有りますので、疲労軽減に役立ちます。(アロマなどリラックス出来る物を併用すればより効果的です。)

 

後述するように、プラセンタは疲労回復にも効果的ですが、日々の生活を見直すことで更に相乗効果が生まれ、年齢に関わらず疲れ知らずの体作りが行えます。

 

プラセンタの疲労回復効果

プラセンタの成分は、栄養豊富で疲れを回復させる材料となるので、疲労対策の一つとして効果的な方法です。自律神経を正常にしたり、細胞の回復力を高めるので、体を支える基礎となる機能の改善が主な働きです。

 

人間以外の哺乳類が子供を産み落とした後に胎盤を自分で食べてしまうという話は有名ですよね。あれも出産で疲弊した体の疲れを癒やすために食べているのだろうと言われています。

 

また、プラセンタは病気を遠ざける作用を行うので、若い人だけではなく高齢者にとっても有用な成分です。

 

アレルギーや炎症の問題に対しても、プラセンタが抵抗力をサポートするので、体の基本を整える健康対策として役立ちます。その日の疲れを取り除く事は、翌日の活動の準備になりますし、週末まで活力を残す切っ掛けになります。

 

毎日の疲労感が体から抜けない場合は、プラセンタの摂取を対策のベースとしたり、その他の取り組みを加える事で改善出来ます。プラセンタは安全性も高いですし、最近体が疲れやすいという人にはおすすめの成分ですよ☆

25種類以上試した私がオススメする馬プラセンタ!

馬プラセンタサプリランキングへ