馬プラセンタと豚プラセンタ・・・どっちがおすすめ?

プラセンタサプリには、馬プラセンタと豚プラセンタが有ります。どちらを選ぶべきなのか?悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

 

馬プラセンタと豚プラセンタどちらを選ぶべきか?この疑問に対して少しでも解決に近づくために、以下3点で両者を比較したいと思います。

  • アミノ酸の含有量と種類
  • 安全性の高さ
  • 価格

アミノ酸の含有量と種類が多いのは馬プラセンタ

プラセンタに含まれるアミノ酸はプラセンタを語る上では欠かせない成分です。なぜなら、このアミノ酸が美容効果・健康効果をもたらしてくれるわけですからね。

 

で、この効果に直結するアミノ酸が、馬プラセンタと豚プラセンタのどちらに多く含有されているか?その答えは「馬プラセンタ」です。

 

馬プラセンタの方が、豚プラセンタより1.2倍〜1.5倍多く含まれています。

 

さらに、馬プラセンタには豚プラセンタには無い必須アミノ酸が6種類も含まれているんですね。

必須アミノ酸とは人間が体内で合成できないアミノ酸の事で、必須アミノ酸は食べ物等でしか摂取できません。

有効成分のアミノ酸が多いという事は効果がより期待出来る証拠です。

 

安全性が高いのも馬プラセンタ

サプリメントは体内に入れる物なので、やはり「安全性の高さ」は気になるところですよね。

 

安全性を考える上では、動物自体の病気に対する強さをチェックする必要が有ります。

 

で、動物自体の病気に対する強さですが、これは「馬」の方が強いと言えます。なぜなら、馬の体温は豚よりも高いので、細菌感染等のリスクが低いからです。そのため、薬剤等を与える必要がなく、不純物が体内に蓄積される可能性はかなり低いと言えます。

 

さらに、徹底した飼育環境の元で育てられたサラブレッドの胎盤を使用した馬プラセンタはより安全性が高い商品です。

 

一方、豚は病気感染を防ぐ為に、薬剤等を投与されているので、安全面ではやや劣る事になります。

 

ただし、豚プラセンタの中にも【健康・衛星面を徹底管理して飼育している「SPF豚」を使用している】商品も有りますので、SPF豚を使ったプラセンタサプリの安全面は比較的高いと言えます。

 

参考:プラセンタサプリの安全性

 

価格が安いのは豚プラセンタ

プラセンタに限らず、何か買い物をする時はなるべく安い商品を選びたいですよね。

 

この点、安く購入出来るのは「豚プラセンタ」です。豚は一度の出産で6頭から10頭の子供を産みます。一方、馬は1度に1頭しか子供を産みません。

 

そのため、大量に出産する豚の方が安価に胎盤が手に入るのでプラセンタの値段も安くなります。

 

まとめ

以上を総合的に勘案すると、豚プラセンタよりも「馬プラセンタ」の方が良いという事になります。

 

ただし、馬プラセンタなら何でも良いわけでは有りません。もし、あなたが「馬よりも豚だ」と思ったとしても同じ事が言えます。

 

なぜなら、プラセンタは商品によって効果の良し悪しが異なってくるからです。良し悪しを見極めるポイントは、「プラセンタエキス純末の量」や「製造方法」などです。

 

より効果の有る商品を選びたい人はこちらをチェックして下さい。

 

リンク:TOP